higasinihonnouenn
  • 絵本コーチングとは
  • 絵本コーチング・ビジョン
  • 活動情報
  • 講師紹介
  • 組織・スタッフ紹介
  • プレスリリース
  • 関連サイト
  • What's new
  • よくあるご質問
サポーター募集中!
みちのく東日本応援プロジェクト
絵本コーチ&受講生のコミュニティ
お気に入り絵本
イベント情報
公式情報紙 絵こみゅ
  • 絵本コーチングの研修・講演
  • 絵本コーチングを体験する/連続講座
  • 絵本コーチの資格を取る
みちのく東日本応援プロジェクトとは

東日本大震災で被災した方々のこころの支援をするプロジェクトです。みなさんから寄せられたこころ温まる絵本やメッセージを被災地へ届け、現地のボランティアの方々と協力しあいながら、絵本コーチング講座や読み聞かせを行っています。

プロジェクト報告
いままでに岩手県へお届けした絵本は…

送っていただいた絵本の数
  寄付金で購入した絵本の数
────────────────

1409冊
絵本購入寄付金
63,653円

(2013.12.1現在)

みちのく東日本応援プロジェクトの
                     詳細がかかれたちらしはこちら
            (pdf形式)

募集

「東日本プロジェクト」へ
ご協力・ご賛同いただける

下線    下線

個人・団体・企業様を募集しています。

《連絡先》
絵本コーチング事務局(坂元・村田)
TEL.080-4222-2556
e-mail info@ehon-c.com




≪ 寄付金振込先≫

郵貯銀行から 12180 52913541

他金融機関から 二一八 218 普通預金5291354
東日本絵本を届けようプロジェクト

 

このプロジェクトは、みなさまのご協力によってなりたっています。

株式会社マコト 様
株式会社吉浜人形 様
ネイルサロン ブライアローズ 様
松雲院 様
大江幼稚園 様
宮根小学校 有志 様




(順不同・敬称略)

ボランティア活動に参加していただいた方81人(延べ人数)
そのほか、個人のみなさまです。
ありがとうございました。

このページのトップへ

みちのく東日本応援プロジェクト報告

〜絵本コーチング事務局「東日本プロジェクト」進行中〜

   

《2012年1月14日》

岩手県の大槌町和野地区第5仮設住宅で坂元誉子、後藤冴子、白澤菜佳子  滝本美恵子、村田あやみの5人で伺いました。自治会副会長さんと一緒に

  絵本を配らせていただきました。

  寒い中、窓を開けて受け取っていただきました。

    

  11月にオープンしたお店でお茶をいただきました。すっかり冷え込んだ身

  体に熱いお茶と、迎え入れて下さった気持ちがしみわたりました。

  お店特製のイカ焼きやクリームコロッケに、すっかりなごみました。

  お店に方やお買い物にみえた方とお話ししました。

  集会所にて、またの約束をして

 

大人の方もどうぞ〜

絵本を届けに来ました♪

イカ焼きとお茶で乾杯!

     

《2011年12月16日

  岩手県の小槌第20仮設団地(生井沢地区)に 坂元誉子、唐澤良充、村田  あやみの3人で伺いました。

  クリスマスの絵本のブラックシアターをさせていただきました。

  集会所のあかりを消してら、真っ暗になり効果満点。

  帰りに集まって下さった子ども達が、クリスマスの絵本を楽しそうに選ん  で持って帰りました。

  大槌町の生涯学習課の方の呼びかけで、地元読み聞かせ団体の方が集まっ  ていただきました。地元での活動に広がり感じています。

毎回機会をつくって下さる大槌町役場の皆さん、絵本の寄付金をいただい  た方、クリスマスの絵本を届けて下さった方、ありがとうございました。  出会ってくれた子どもたちありがとう。また伺います♪

   

 

クリスマス絵本の

読み聞かせ&ブラックシアター


絵本を選ぶ子どもたち

《2011年11月26日》

 岩手県の大槌町和野地区第5仮設住宅で、斎藤美智代、わたなべのりこ   の2人で伺い、自治会の方と一緒に絵本を配らせていただきました。。 

   

《2011年10月8日》

岩手県の大槌町和野地区第5仮設住宅集会所で、絵本コーチング講座&読み聞かせをさせていただきました♪
  名古屋から、事務局代表 坂元 誉子(さかもとたかこ)のほか岩手在住の3名の初級絵本コーチ(みっち@齊藤美智代、さっこ@渡辺幸子、のの@わたなべのりこ)の4名で伺いました。

☆集会所の外にある絵本カーの隣で絵本を読ませていただきました☆
 集会所の階段に座って聞いてくださった方たちもいて、幅広い世代の方に足を止めていただきました♪
  6月から絵本コーチング体験講座を全国で開催し、各地でお預かりした義援金と、プロジェクトに賛同いただいた育児支援団体からの絵本購入資金をもとに新しい絵本を購入させていただきました。その絵本を副代表の佐藤さんに仮設住宅内を案内していただきながらお届けすることができました。

また、皆さんからいただいた絵本は、絵本カーに乗せていただきました♪
移動図書館を楽しみに、集会所へいらっしゃる方々や、絵本カーの隣で遊んでいる子どもたち・・・『本』が私たちには欠かせないものなのだと改めて感じました。そうそう、仮設住宅をまわり始めようとした時「ボランティアさ〜ん、何を配って歩くの?」と声をかけていただいたお母さんたちは「手芸の本が欲しい」とおっしゃっていました。
 まだまだ必要な支援や、届いていない声があるのだと実感しました。
また、涙の再会にご一緒できたり・・・。移動図書館内でおしゃべりしている方々がいたり・・・。移動図書館のスタッフとしていらしていた大井さん、絵本カーとともにいらして水風船をプレゼントしていた三浦さんを中心に“図書館を中心に”広がるコミュニティというものを実感しました。今回の機会をいただいた大槌町役場の皆さん、東日本プロジェクトにご賛同いただいた皆さん、ありがとうございました。また伺います♪

  青空のもと、絵本の読み聞かせがはじまりました。

青空のもと、絵本の読み聞かせが
はじまりました。


坂元の声に聞き入るこどもたち。

坂元の声に聞き入るこどもたち。

《2011年9月24日》

  大槌町社会福祉協議会、災害ボラティアセンターに絵本を届けました。

  吉里吉里小学校にも届けていただくようあずかっていただきました。

   大槌町生涯学習課を紹介していただきました。

  坂元誉子、滝本美恵子、村田あやみの三人で行きました。

 

《2011年7月29日》

  気仙沼、陸前高田、大船渡を視察。

   

《2011年4月5日》

  みちのく 東日本応援プロジェクト 絵本を届けよう 立ち上げ

 
     
このページのトップへ